ロールスクリーンを障子戸の鴨居に天井付けで付ける方法

和室に良くある障子戸の鴨居ですが、天井付けでもロールスクリーンを取り付けることが可能です。

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

通常、障子戸の鴨居には障子戸を通すクボミ(溝)がありますね。

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

このクボミが、ロールスクリーンを取り付ける際に厄介になってきますので、どうやって取り付けるのかを掲載して行きます。

 

 

まず今回、取り付けたのは立川ブラインドのロールスクリーン

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

 

この商品のブラケット(ロールスクリーンをぶら下げるための金具)をそのまま鴨居に取り付けるとこんな感じに。

 

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

 

ちょうど鴨居の溝のところにビス(留めネジ)が来るようになり、

 

しかも鴨居の溝の高さは約1cm、付属のビスは1、6cmとビスが効くのは6mmのみ

 

これでは不安定なので、同じメーカー立川ブラインドの取り付け補助金具という物を使用します。

 

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

購入したのは、ブラインド用オプションブラケットCタイプ(T型)

 

これを取り付けるとこんな感じになります。

 

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

補助金具に付属しているビスをグッググッグと2か所、完全に固定出来るまでプラスドライバーで回していきます。
上向き作業はきついので、電動ドリルが欲しくなります。

 

 

そして、

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

ブラケットを取り付け、グラグラと動かない用に固定したら完成です。

 

ちなみにブラケットの固定には、補助金具に付属している小さいネジを使用しています。

 

ブランケットの向きにご注意ください。

 

和室の障子戸をロールスクリーンにチェンジ!鴨居に天井付けする方法

 

 

先に、ブラケットを補助金具に、取り付けてからの方がやりやすいかもしれません。
後からだと、ブラケットを装着するためのネジまわしが結構大変です。

 

 

ここまで来たら作業は9割完了です。後は、説明書通りにロールスクリーンを取り付けるだけです。

 

 

今回使用した物は、

 

 

(1cm単位でオーダーできますので、必ず鴨居の幅、内側より1cm程度は短くしてから注文して下さい。サイズがピッタリだとロールスクリーンが入らなくなります。)

 

 

 

(こちらは、2個入りの商品です。ロールスクリーンの幅が150cm以上の場合はブランケットが3つ必要になりますので、こちらの商品だと2つ注文が必要です。また、メーカー違いの補助金具は形状が合わないのでこちらもご注意ください。)

 

プラスドライバー

 

の3つです。

 

6畳間リフォーム施工順番リスト

  1. 6畳間のリフォームに必要な道具や資材一覧はこちらから
  2. 部屋全体の下地処理(砂壁落とし)
  3. 天井の施工や天井照明の変更
  4. 襖の外枠などのペンキ塗り
  5. 襖の壁紙張り
  6. 床材貼りソフト巾木貼り
  7. カーテンレールやロールスクリーンの取り付け←今ココです。